【公開整備】AF68 Dio カーボン除去

外装が綺麗なDioですが、カーボンによりエンジン始動しないため、エンジン内を洗浄します。

エンジンを下ろし、シリンダーヘッドを取り外したところです。

燃焼室にもピストンにもカーボンがぎっしりです。

燃焼室 バルブ取り外し前

ちなみに、大きいバルブが吸気バルブで、小さいバルブが排気バルブです。

燃焼室 バルブ取り外し後

ポートの中もカーボンがぎっしり堆積しているので、こちらも取り除きます。

燃焼室 洗浄後

ポート内は、エンジンコンディショナーをスプレーし、割りばしを使ってカーボンをゴシゴシ削り取ります。

バルブ洗浄前

排気バルブがひどいですね。

バルブ洗浄後

エンジンコンディショナーとナイロンたわしを使ってカーボンを取り除きます。

ボール盤を使えば一瞬で終わります。

後は組み付けて終わりです。

エンジンを下ろしてカーボンをしっかり落としてやりました、という証明のためにこうやって写真を撮ってます。

エンジンがかかりました。調子良さそうです。カーボン嚙みの対策としては、暖機運転が良いそうです。エンジンが冷えている状態で全開走行は避けましょう。

LINE査定も好評です!気に入ったらイイね!